犬猫の先天性疾患は保険適用される?

ペット保険は、すべてのケガや病気の治療費を補償してくれるわけではありません。

なかでも、先天性疾患は各保険会社で対応がわかれており、病気の種類を問わず補償対象外としているペット保険もあるため注意が必要です。

 

この記事では、先天性疾患がペット保険で補償されるケース、されないケースについて解説します。

犬猫の先天性疾患の概要や、ペット保険加入前の注意点についても紹介しているため、ぜひ最後までご覧ください。

 

【ペット保険比較のピクシー】では人気ペット保険おすすめランキングもご紹介しております。
まだペット保険に加入していない方、これから加入する方、保険の乗り換えを検討中の方は参考にされてください。

目次

先天性疾患・先天性異常はペット保険で補償対象?

先天性疾患はペット保険で補償対象?

ペット保険は治療費の一部を補償してくれるものですが、先天性疾患・異常がある場合は補償されるケースと補償されないケースが存在します。

まずは、こうした場合のペット保険の対応についていくつかご紹介します。

 

【注意】加入前に発生した傷病は補償対象外

補償開始日以前や免責(待機)期間中に発症した先天性疾患については、基本的に補償されません。また、ペット保険の加入前に起こったケガや病気の場合、先天性疾患に限らず、補償の対象外となります。

 

これは、基本的にペット保険で補償される範囲は、各保険会社が定めた保険期間に限られるからです。加入前にケガや病気を生じた場合は、自己負担で治療することになるため注意してください。

 

先天性疾患が補償されないケース 

補償開始日以降に先天性疾患が発症した場合の対応は、各保険会社で異なります。

ペット保険によってはすべての先天性疾患を補償対象外とするものもあり、こうした場合は全額自己負担で治療しなければなりません。

 

安心して愛犬・愛猫に治療を受けさせてあげるためにも、加入前には必ず重要項説明書や規約などを確認し、判断が難しい場合は各保険会社に確認することをおすすめします。

 

先天性疾患が補償されるケース

先天性疾患を補償対象としているペット保険では、補償開始日以降に初めて獣医師によって発見・診断された場合に保険金が受け取れることがあります。

 

ただし、補償されるのはあくまで補償開始日以降に先天性疾患が見つかった場合です。加入時にすでに発症している場合は、補償の対象外となるため注意しましょう。

 

その保険期間中のみ補償されるケース

ペット保険の中には、先天性疾患を補償対象とするものの、補償されるのは獣医師に初めて診断された保険期間中※のみというケースもあります。

※一般的なペット保険では保険期間は1年間です。

 

こうした場合、次回の更新時からはその疾患が補償対象外になることも少なくありません。ペット保険によっては更新時に条件をつけず、前年度と同じ条件で自動継続になるものもあるため、契約内容や公式Webサイトなどを細かくチェックしておくことが大切です。

先天性疾患が発症してからでもペット保険に加入できる?

先天性疾患が発症した後でも、加入できるペット保険はあります。

 

ただし、発症後は、特定の傷病を保険金支払いの対象にしないという条件特定傷病除外特約」を付けたうえで保険に加入することになります。

これは、たとえば膝蓋骨脱臼(パテラ)を生じた後にペット保険に加入した場合、「パテラ=特定の傷病」扱いになるため、パテラの治療費は補償の対象外になるということです。

 

先天性疾患を発症した後に加入できる保険は少ないため、できるだけペットが健康なうちに加入するようにしましょう。

◆人気のペット保険を比較してみる→

ペットショップから迎えたペットの場合は?

ペットショップから迎えた場合は?

ペットショップから迎えた犬猫が先天性疾患を生じた場合、発症した時期によってはペットショップ側が治療費を負担してくれる可能性があります。

 

ペットショップは健康上の問題がないペットを扱う義務があるため、先天性疾患があることを知らずに販売した場合はペットショップに「瑕疵担保責任」を問えるのです。

 

思わぬトラブルにあわないよう、ペットショップからペットを迎えるときは、契約書の内容を確認し、ペットショップ側がどこまで対応するかについて把握したうえで購入するようにしましょう。

ペット保険の加入条件は?審査や告知って何?

ペット保険の審査や告知

ペット保険は、「原則ペットが健康体であること」が基本的な加入条件です。

 

そのため、ペット保険の加入時には、保険会社による審査やケガや病気などの既往歴を伝える義務があります。

ここでは、加入時に必要な審査や告知について確認していきましょう。

 

ペット保険加入時に審査あり

ペット保険に加入するときは、ペットの健康状態や傷病歴を保険会社に伝える必要があり、これを「告知義務」といいます。

告知書は各保険会社で異なるものの、主に以下のような内容を記載します。

  • 品種
  • 生年月日や体重
  • 過去の傷病歴
  • 一定期間内に動物病院で治療したか
  • ほかのペット保険の加入状況

こうした告知書をもとに、保険会社で審査が行われ、ペット保険への加入の可否などが判断されます。

 

噓の告知はバレる?告知義務違反に注意!

ペット保険の告知書には、正確な内容を記載するようにしましょう。

万が一、虚偽の告知をした場合は告知義務違反となり、

  • 保険金が支払われない
  • 契約が解除される

などの可能性があります。

 

すでに補償を受けていた場合は、自己負担分との差額の支払いを請求されるおそれもあります。これは、「意図せず誤った内容を報告した」という場合でも同様です。

 

スムーズに記入できるように、動物病院を受診した日や内容などはメモに残して、不安がある場合はかかりつけの動物病院に相談して、カルテを確認してもらいましょう。

0歳のうちにペット保険に加入しておきたい理由

0歳のうちに加入しておくことをおすすめ

ペット保険は、病歴がない0歳のうちに加入しておくことをおすすめします。

犬や猫は十分に健康を管理していても先天性疾患になる可能性があり、発症後はペット保険の加入が制限されることも少なくありません。0歳のうちに保険に加入しておくことは、大切なペットの将来を守ることにつながります。

すでに病気を発症していたり、現在治療中の病気があったりする場合は、以下の記事も参考にしてください。

先天性疾患・先天性異常とはどんな病気?

世界と比べて、日本は特に犬の遺伝性疾患が多いといわれていますが、そもそも先天性疾患とはどのような病気なのでしょうか。

ここからは、先天性疾患や先天性異常について解説します。

 

犬の先天性疾患・先天性異常について

犬の先天性疾患

犬の先天性疾患とは、生まれつき体型や臓器の機能に異常がある状態です。

たとえば、以下の病気が挙げられます。

  • 遺伝性白内障
  • 水頭症
  • 骨形成不全症
  • 心室中隔欠損症(VSD)

犬の先天性疾患は、遺伝子や染色体の異常などさまざまな原因が関係しているとされ、生涯治療が必要となる場合も少なくありません。

 

また、種類や程度によって発症時期は異なり、たとえば遺伝性白内障は2歳ごろ、水頭症は1歳未満の子犬のうちから症状が出やすい傾向があります。愛犬の異変を感じたら、早い段階で検査するようにしましょう。

 

猫の先天性疾患・先天性異常について

猫の先天性疾患

猫の先天性疾患も、犬と同様に、生まれつき何らかの病気や異常があることをいいます。

たとえば、以下の病気が挙げられます。

  • 骨軟骨異形成症
  • 肥大型心筋症
  • ピルビン酸キナーゼ欠損症

とくに、ピルビン酸キナーゼ欠損症は生後約2〜3か月で溶血性貧血を発症し、重症化すると命を落としかねません。猫の先天性疾患は犬ほど多くないものの、猫は本能的に痛みや不調を隠そうとするため、小さな変化を見逃さないことが大切です。

先天性疾患・先天性異常が起きやすい犬種・猫種

どの犬や猫でも先天性疾患、先天性異常を起こすリスクはありますが、なかでも以下の犬種・猫種に注意しましょう。

 

【犬種】

  • トイ・プードル
  • ミニチュア・ダックスフンド
  • ヨークシャー・テリア

 

【猫種】

  • スコティッシュフォールド
  • マンチカン
  • メインクーン

 

たとえば、膝蓋骨脱臼(パテラ)はトイ・プードルやヨークシャー・テリアなど小型犬に多く、一方でミニチュア・ダックスフンドはほかの犬種に比べて腰に異常を生じやすい傾向があります。また、猫の中でも特にスコティッシュフォールドは、骨軟骨異形成症に注意が必要です。

犬や猫の先天性疾患はいつわかるの?

「うちのペットは先天性疾患があるのかな」と不安を感じる方は、まずは獣医師に相談しましょう。

 

犬や猫の先天性疾患はそれぞれ発症時期が異なり、たとえば犬の水頭症は1歳未満、股関節形成不全は成長期に発症しやすい傾向があります。

一方、猫の骨軟骨異形成症は骨が成長する若齢期(1歳未満)、肥大型心筋症は4か月の幼少期から発症することがあるため、早期発見が大切です。

 

適切なアドバイスを受けるためにも、子犬のうちに1度健康診断を受けておくことをおすすめします。

犬や猫が先天性疾患になった場合の治療費

先天性疾患の治療費

先天性疾患の治療費は、その種類や症状、動物病院によって高額な治療費がかかる可能性があります。

 

たとえば、犬の水頭症は、血液検査をはじめ、CT検査やMRI検査などを経て判断されます。手術が必要な場合は35万円ほどかかるケースもあるようです。

 

一方、猫の肥大型心疾患は約50万円、肺水腫や血栓症などを併発している場合は、それに対する治療をする必要もあります。

治療費について不安がある方は、事前にかかりつけの獣医師に相談しておきましょう。

トラブル防止!ペット保険加入前に知るべき注意点

ペット保険トラブル防止

ペット保険は高額な治療費の備えとして頼りになる一方で、気をつけておきたい点も存在します。

最後に、ペット保険加入前に知っておくべき注意点についてみていきましょう。

 

ペット保険に加入できなくなるケガや病気は?

まず挙げられるのが、ペット保険に加入できなくなるケガや病気についてです。

たとえば以下の病気を患っている場合、加入は難しいでしょう。

  • 悪性腫瘍
  • 糖尿病
  • 悪性腎不全
  • 肝硬変
  • 甲状腺疾患
  • 猫伝染性腹膜炎
  • 猫白血病ウイルス感染症(FeLV)

なお、加入できないケガや病気は保険会社によって異なるため、加入前にもう一度条件を確認しておくことをおすすめします。

 

ペット保険で補償対象外になる費用

ペット保険は、動物病院でかかったあらゆる費用に適用されるのではありません。主に以下の費用については、一般的に補償の対象外となります。

  • フィラリアやノミ・マダニの駆除
  • 去勢・避妊手術
  • 妊娠・出産による手術や入院
  • 健康診断
  • ワクチン接種
  • ワクチン接種で予防できる病気
  • 爪切りや耳掃除、歯石取り
  • サプリメント

ペット保険は、原則ケガや病気の治療にかかった費用のみが補償対象となると覚えておきましょう。

 

ペット保険の待機期間(免責期間)とは?

ペット保険によっては、保険始期日から一定期間を待機期間(免責期間)としている場合もあります。

 

ケガの待機期間は0〜15日、病気の場合は約30日間と設定しているペット保険が多く、この期間中に発症したケガや病気については補償が受けられません。

 

また、待機期間中に生じたケガや病気は、期間が終了した後でも保険が適用されることはないため注意しましょう。

 

病気を理由に更新できなくなる可能性あり

契約期間中にペットが病気になった場合、状態によっては審査が通らず、更新を断られることがあります。

とくにアトピー性皮膚炎や糖尿病など慢性的な病気の場合は治療が長期になるため、保険会社によっては更新を認めないことがあるのです。

更新できても、該当する慢性疾患は補償対象外になるかもしれません。

更新できるかどうかは保険会社の判断によるため、不安を感じる場合は保険会社に問い合わせをしましょう。

 

保険の使用回数で保険料が変わるケース

保険の使用回数に応じて次年度の保険料が変わる保険にも注意しましょう。

健康なうちは安いかもしれませんが、加齢とともにケガや病気のリスクが高まるため、保険料が高くなる可能性があるのです。

 

安心して長く継続できるペット保険を選ぶために

  • 使用回数の上限の有無
  • 更新時に年間の使用回数はリセットされるのか
  • 保険使用による次年度の保険料への影響

などを把握しておくことをおすすめします。

まとめ│先天性疾患も補償されやすいペット保険を選ぼう!

先天性疾患におけるペット保険の対応についてまとめると、以下の通りです。

  • 加入前に発症した傷病はすべて補償対象外
  • 補償開始後に診断された場合は補償されることがある
  • 先天性疾患発症後から加入できるペット保険は少ない
  • ペット保険に加入するなら0歳のうちがベスト

先天性疾患も補償されやすいペット保険を選んでおけば、万が一のときに満足度の高い補償が受けられるため安心です。

加入を検討するときは、愛犬・愛猫がなりやすい傷病を把握しつつ、保険料に加えて補償内容やサービスなどをしっかりと確認しましょう。

 

【ペット保険比較のピクシー】では、ペットと飼い主さまのためになるお役立ち情報を日々発信しております。
また保険選びで迷われている方は、保険料補償割合などの条件を一括比較できる「人気ペット保険おすすめランキング」もご覧ください。

木内比奈子
この記事の監修者 木内 比奈子
ファイナンシャルプランナー。少額短期保険募集人、損害保険募集人。大学卒業後、保険代理店勤務を経て、ペット保険の重要さを感じ資格を取得。北海道犬と14年間、ヨークシャー・テリアと5年間暮らした経験を活かして、おもにペットやペット保険に関する記事を執筆、監修。ペットとの楽しい暮らしをサポートするため、正しく役に立つ情報を発信していきます。

この情報をシェアする

【ペット保険比較】10秒でカンタン比較

関連記事