猫の皮膚病とは?

猫の皮膚病は、飼い主さまがよく直面するであろう病気の一つです。症状としては、皮膚のかゆみ、湿疹、脱毛、腫れなどが挙げられます。猫の皮膚病は感染症のほか、さまざまな要因によって引き起こされます。

 

この記事では以下について解説します。

・猫の皮膚病の症状

・皮膚のかゆみなどの原因

・日ごろからできる予防法

飼い主さまが皮膚病に関する知識を深めることで、猫の健康を守ることができますので、ぜひ最後までお読みください。

 

【ペット保険比較のピクシー】では人気ペット保険おすすめランキングもご紹介しております。
まだペット保険に加入していない方、これから加入する方、保険の乗り換えを検討中の方は参考にされてください。

目次

猫の皮膚病について知ろう!

猫の皮膚病とは、猫が患うさまざまな皮膚トラブルの総称です。

 

猫の皮膚病の原因としては、ダニやノミなどの外部寄生虫、カビ(真菌)感染、細菌感染、食物アレルギー、花粉症などが挙げられます。症状もさまざまで、かゆみ、湿疹、脱毛、フケなどがあります。その中でも、アレルギーが原因の皮膚病が多いとされています。

 

猫は毛づくろい(グルーミング)をするため、犬に比べて飼い主さまが症状に気付きにくい場合があり注意しなければなりません。

 

症状がみられた場合には、早めに獣医師に相談し、適切な治療を行うことが大切です。

猫の皮膚病にはどんな症状がある?

猫の皮膚病には多くの種類があり、症状はさまざまです。

以下に、よくみられる皮膚病の症状を紹介します。

・皮膚のかゆみ

・皮膚の赤みや腫れ

・脱毛

・傷口やただれ

・かさぶた

・湿疹

・発疹

・フケ

・被毛のべたつき

猫の皮膚病でもっとも一般的な症状はかゆみです。かゆみが強い場合は、猫が自分でかきむしってしまい傷をつけたり、脱毛するまでなめたりすることがあります。

症状が進行すると、体臭や皮膚の色調の変化がみられる場合もあるでしょう。

猫の皮膚病の原因は?

猫の皮膚病は、さまざまな原因によって引き起こされます。

以下に、代表的な原因をご紹介します。

 

アレルギー

アレルギーは、猫の皮膚病の中でもよくみられる病気の一つです。

以下のようなアレルゲンに反応し、かゆみや湿疹、かさぶたなどの症状があらわれます。

・ダニ

・ノミ

・食べ物

・ハウスダスト

・花粉

たとえば、ダニやノミに刺された場合、体内に残った唾液によって猫がアレルギー反応を起こすことがあります。

 

真菌や細菌による感染症

真菌や細菌による感染症は、猫にとっては一般的な病気です。

傷口や湿った部分から菌が侵入する場合や、猫の爪などに常在している菌の増殖による場合があります。

細菌感染の場合、細菌性皮膚炎、膿皮症(のうひしょう)、カンジダ症などを発症します。

 

真菌感染の場合は、真菌性皮膚炎などを発症します。

 

好酸球性肉芽腫

好酸球性肉芽腫(こうさんきゅうせいにくがしゅ)は、アレルギー性疾患、感染症などが原因で発症するといわれています。皮膚に腫れや赤みが生じ、かゆみを引き起こします。

 

脂漏症

皮膚の油分バランスが崩れることで、皮膚が乾燥してフケがでてきたり、脂性になってかゆみや炎症が生じたりします。

 

ストレス

ストレスにより免疫力が低下したり、過剰なグルーミングをしたりすることにより、皮膚病になることがあります。

 

これらの原因によって引き起こされる猫の皮膚病は、症状や治療法も異なるため、獣医師による正確な診断が必要です。

皮膚病にかかりやすい猫種はいる?

皮膚病にかかりやすいペルシャ猫

猫種によって特定の皮膚病にかかりやすい場合があります。たとえば、ペルシャ猫などの長毛種は、真菌の感染症を引き起こしやすいとされています。

しかし、猫種だけでなく、個体差や環境的要因なども影響するため、かならずしも特定の猫種が皮膚病にかかるというわけではありません。

日々のケアや健康管理に十分な注意を払い、皮膚の赤みや湿疹を発見したら動物病院に連れていきましょう。

猫の皮膚病の治療方法は?

一般的に、猫の皮膚病には以下のような治療方法があります。

 

投薬

外用薬を処方されることがありますが、症状によっては、抗ヒスタミン剤や抗生物質などの内服薬を処方される場合もあるでしょう。

アレルギー性皮膚炎の治療には、ステロイド薬が使用されることがあります。ステロイドは、炎症やかゆみを抑えられますが、副作用もあるため、獣医師の指示にしたがって使用しましょう。

 

食事の変更

アレルギー性皮膚炎など、食物によって引き起こされる皮膚病の場合、特定の食物(アレルゲン)を避ける食事に変えなければなりません。

 

そのほかに、病気や症状にあわせてシャンプー療法や、サプリメントの投与をする場合もあります。

猫の皮膚病に人間用の市販薬は使えない!

猫の皮膚病に人間用の薬を使用することは、非常に危険であり、おすすめできません。

猫と人間は異なる生物であり、猫の体内で薬が処理される方法も異なるため、人間用の薬は、猫にとって有害である可能性があります。

 

また、人間にとって安全であっても、猫には有害な成分が含まれるケースも考えられます。

猫の皮膚病の治療には、自己判断や自己治療を行わず、かならず獣医師に相談しましょう。

猫の皮膚病の予防法は?

猫の皮膚病の予防法は?

猫はグルーミングによって体を掃除するため、その過程で病気の原因物質を体内に取り込んでしまうことがあります。そこで、猫の皮膚病を予防するためには、以下のような方法があります。

 

日常のケア

猫の皮膚病を予防するためには、日常のケアが大切です。定期的なブラッシングやシャンプー、爪切り、耳掃除など、猫の健康管理を行い、皮膚の健康を維持しましょう。ブラッシングにより、猫の身体についた汚れやノミ・ダニなどの寄生虫を取り除くことができます。

 

適切な食事

猫にとって、栄養バランスのとれた食事は健康維持に欠かせません。皮膚病にかかりやすい猫種の場合、栄養不足が原因となっている場合があります。猫に必要な動物性タンパク質を含めた栄養バランスの取れたフードを選びましょう。

 

定期的な健康診断

猫の健康状態を定期的にチェックすることも、皮膚病の予防につながります。病気や異常を早期に発見し、適切な治療を行い、病気の進行を防ぐことができるでしょう。

 

清潔な環境の維持

猫の生活環境を改善することも、皮膚病の予防につながります。室内環境の湿度や温度管理、定期的な掃除など、猫にとって快適で安全な生活環境を整えることが大切です。

 

ストレスを減らす

猫は運動不足やストレスが原因で、皮膚病を発症することがあります。適度な運動や、ストレスを与えない環境づくりをしましょう。

 

ワクチン接種

感染症の種類によっては、ワクチン接種で予防できる場合があります。適切なタイミングで定期的に接種を受けることで、病気にかかるリスクを減らすことができるでしょう。

まとめ

猫の皮膚病は、さまざまな種類があり、症状が出る部位や原因もそれぞれ違います。

猫の皮膚病は、飼い主さまが日ごろの観察やケアによって予防できる病気の一つです。猫の健康を保つためには、定期的な健康診断や適切な食事、運動、清潔な環境などが必要です。

早期発見・治療や予防によって、猫との生活をより健康的で幸せなものにすることができるでしょう。

 

【ペット保険比較のピクシー】では、ペットと飼い主さまのためになるお役に立ち情報を日々発信しております。
また保険選びで迷われている方は、保険料補償割合などの条件を一括比較できる「人気ペット保険おすすめランキング」もご覧ください。

この情報をシェアする

【ペット保険比較】10秒でカンタン比較

関連記事