猫の目やにの原因とは
目次

猫の目やにの原因とは何か?

―猫の目やにの原因、理由について教えてください。

生理現象

猫が朝起きた時に見られる茶色っぽい目やには、生理現象として出る正常な目やにです。これは目の古くなった細胞や、目に付いたほこりやごみが涙に混じってできたものなので、少量が付いている程度であれば、特に問題はありません。

上記以外にも、病気によって猫に目やにができたり、増えたりする場合があります。

猫の目やにで疑われる病気について

黄色や緑色で粘り気がある場合、目が開かなくなってしまうほどの目やにには注意

―何らかの異常が考えられる目やにとは、どのようなものですか?

猫に見られる目やにの色が黄色~緑色で粘り気がある場合や、目が開かなくなってしまうほど目やにが大量に出ている場合などは、病気が原因である可能性が考えられます。

―猫の目やにの原因として考えられる病気について教えてください。

猫の目やにの原因は目の病気だけではなく、全身性疾患が原因で起こる場合があります。

猫風邪(上部気道感染症)

「猫風邪」は、ヘルペスウイルスやカリシウイルスなどが原因で起こる感染症の総称です。免疫力の低い子猫に多く見られ、鼻水やくしゃみといった、人間でいう風邪のような症状とともに、黄色~緑色の粘り気がある目やにが大量に出ます。

角膜炎

角膜炎は、異物が目に入って角膜に傷ができたり、ウイルスや細菌が感染したりすることで角膜に炎症が起こった状態のことを言います。目やにや涙が大量に出たり、痛みから目をまぶしそうに細めたりといった症状が見られます。

結膜炎

異物やウイルス・細菌感染、アレルギーなどが原因で起こります。目やにや涙が大量に出る、白目の部分が赤く充血する、白目の部分がブヨブヨに腫れるなどの症状が見られます。

鼻炎

ウイルス感染やアレルギー、歯周病の悪化による口鼻瘻管(こうびろうかん)の形成、鼻腔内腫瘍などが原因で起こります。原因によって若干症状は異なりますが、鼻水やくしゃみ、鼻詰まりによる食欲低下などの症状のほかに、目やにが見られる場合もあります。

アレルギー

猫も人間と同じように、特定の食べ物や花粉、ノミなどに対してアレルギーを起こす場合があります。猫のアレルギー症状は、皮膚にかゆみが見られる場合が多いのですが、結膜炎や鼻炎を引き起こし、目やにが出ることもあります。

猫の目やにで気になる症状と動物病院に連れて行くタイミング

眩しそうに目を細める猫

―動物病院を受診すべきタイミングについて教えてください。

猫に次のような症状が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

  • 目をまぶしそうに細めている(角膜に傷が付いている可能性があり、最悪の場合、失明に至るおそれがある)
  • 食欲がない、または元気がない(体力のない子猫や老猫などでは、全身状態が悪くなると最悪の場合、死に至るおそれがある)

また、以下に挙げるような症状が猫に見られる場合も、治療が遅れると症状がひどくなったり、慢性化したりするおそれがあります。そのため、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

  • 黄色~緑色の粘り気がある目やにが出ている
  • 目を塞いでしまうほど大量に目やにが出ている
  • 目の周りをこすっている
  • 顔や体をかゆがっている

猫の目やにの家庭内での対処

―猫に目やにが付いていたら、自宅でどのように対処すればいいのでしょうか?

正常な目やにであれば、猫がグルーミングをしたときに取れるので、家庭内では特に何もケアをしなくても問題はありません。

ただし、高齢でうまくグルーミングができない場合や、目やにが固まっていて、なかなか取れない場合には、目やにを取ってあげましょう。このとき、素手で目やにを引っ張って取ろうとすると、皮膚も一緒に引っ張られてしまったり、うっかり指が目に入ってしまったりする可能性があります。こうなってしまうと、猫は目やにを取られるのは痛いことだと認識し、それ以降、目やにを取ろうと近づいただけで、嫌がって逃げてしまいます。

そのため、猫の目やにを取るときは、まずぬるま湯で濡らした清潔なコットンで目やにをふやかし、目やにがやわらかくなったら、やさしく拭き取ってあげましょう。

また、ティッシュは繊維が荒く、うっかり目を傷つけてしまうおそれがあるので、目やにを取る際には使用しないでください。

猫の目やにの診療内容とかかる治療費

猫の目やに 治療費

猫の診療内容

目やにの診療内容は、目やにを引き起こしている原因によって異なります。

猫風邪(上部気道感染症)

軽度の場合は自然治癒する場合もありますが、猫風邪の治療は、基本的に抗生物質やインターフェロン製剤の投与といった対症療法を行います。

角膜炎

角膜の傷の有無をいくつか目の検査で確認します。そして、目をきれいにするために洗眼をしたり、抗生物質や消炎剤などを投与したりといった治療をします。多くは目薬が処方されますが、場合によっては注射をしたり、内服薬が一緒に処方されたりする場合もあります。

結膜炎

原因を突き止めたり、ほかの目の病気と見分けたりするために、いくつか目の検査を行います。そして検査の結果を基に、原因に対する治療と、抗生物質や消炎剤などの投与を行います。

鼻炎

原因を突き止めるためにさまざまな検査を行い、原因に沿った治療と、場合によっては対症療法として、抗生物質や消炎剤などの投与を行います。ただし、子猫の場合は多くが、ウイルス感染を原因とするため、検査をせずに治療的診断を行うケースもあります。

アレルギー

アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)を突き止め、アレルゲンを除去したり、対症療法として抗生物質やステロイド剤を投与したりします。

猫の目やにの治療費例

ここでは、猫の目やにの原因として考えられる「猫風邪」を例に治療費を紹介します。

  • 治療期間:14日
  • 通院日数:2日
  • 治療費 :1万4,000円

診察料と院内での注射、点眼薬や内服薬の処方で、初診時の治療費は1万円ほどかかります。そして、治療の効果を確かめるために1週間後に再診を行います。治療内容に特に問題がなければ、再診料の1,000円ともう1週間分の内服薬代3,000円で、治療費は4,000円ほどかかります。

また、このほかにも、初診時に食欲の低下が見られれば療法食が処方されたり、全身状態が悪ければ何日か通院をして皮下点滴を行ったり、数日間の入院治療を行ったりする場合もあります。

※上記の診察内容や期間、治療費は、一般的な成猫を基にした一例であり、全国の平均や水準を示すものではありません。また、体格や病状、動物病院によって異なりますのでご了承ください。

この情報をシェアする

【ペット保険比較】10秒でカンタン比較