回数無制限で使えるペット保険

一般的に、どのペット保険でも「支払限度額・利用回数制限」が設定されています。

 

支払限度額・利用回数制限の決め方は保険会社によって異なりますが、以下のように大きく2種類にわけられます。

細かい利用制限のあるペット保険 「年間支払限度額」に加え、1日・1回あたりの上限金額や回数制限がある。
細かい利用制限のないペット保険 「年間支払限度額」のみがあり、1日・1回あたりの上限金額や回数制限はない。

この記事では、細かい利用制限ないペット保険について詳しく解説します。

【この記事でわかること】

  • 回数無制限で使えるペット保険
  • 利用制限のないペット保険のメリット・デメリット
  • ペット保険でおすすめの補償割合は何%?
  • ペット保険はいつ見直しすればいいの?

【ペット保険比較のピクシー】では人気ペット保険おすすめランキングもご紹介しております。
まだペット保険に加入していない方、これから加入する方、保険の乗り換えを検討中の方は参考にされてください。

目次

【上限金額・回数制限なし】のペット保険はこの5社!

年間支払限度額の範囲内であれば、ペット保険を「上限金額」や「回数制限」などの細かい利用制限なしで使えるのは以下の5社※1です。

記事の後半では、各ペット保険の補償内容メリット・デメリットについて詳しく解説するため、ぜひ最後までご覧ください。

※1  ここでは当社でお取り扱いしているペット保険をご紹介しております。すべてのペット保険商品を記載しているものではありませんのでご了承ください。
※2  ネクストの補償プランのみ、1日あたりの限度額や年間の回数制限がなく、保険金は、通院、⼊院、⼿術それぞれの年間限度額の範囲で支払われます。

ペット保険の「支払限度額」や「回数制限」とは?

制限なしとペット保険の「支払限度額」や「回数制限」とは?どちらがおすすめ

ペット保険の補償内容を把握するために、ここで「支払限度額」や「利用回数制限」について理解しておきましょう。

 

年間支払限度額とは何?

年間支払限度額とは、保険会社から年間で支払われる保険金の上限金額のことです。

どのペット保険でも年間支払限度額は1年ごとに設定されており、この金額を超えて保険金が支払われることはありません。

 

そして、年間支払限度額が高く、補償が充実しているペット保険ほど保険料が高くなりやすい仕組みとなっています。

一方、保険料が安い保険では、年間支払限度額の低さから補償が足りず、自己負担が大きくなってしまう可能性があるため注意しましょう。

 

1日・1回あたりの支払限度額や日数・回数制限とは何?

ペット保険によっては、「通院は年何日まで」「1日あたりに補償される金額はいくらまで」といったように1日・1回あたりの支払限度額や日数・回数制限が設定されているものもあります。

 

たとえば、通院補償は年間22日、1日あたり10,000円まで、入院は年間3回までなどの細かい制限がある場合、設定された金額や利用回数を超えた分は補償の対象となりません。

ペット保険は、保険料の金額だけでなく、支払限度額や回数制限などもよく把握したうえで加入することをおすすめします。

ペット保険は制限“なし”と“あり”どちらがおすすめ?

制限なしとありどちらがおすすめ

次に、細かい利用制限なしのペット保険と、ありのペット保険の各メリット・デメリットについて比較してみましょう。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、記事を参考に、目的や家計の状況などをふまえてペット保険を選ぶことが大切です。

 

制限なしのペット保険のメリット

細かい利用制限がないペット保険の主なメリットは、日額や回数を気にせずに治療に専念できることです。

1日・1回あたりの上限金額が設定されていないため、1日に複数の検査をして治療費が高額になった場合でも、制限を気にせずに請求できます。

年間の回数制限もないため、通院が増えても、年間支払限度額の範囲内であれば問題ありません。利用回数を気にすることなく、何度でも補償を受けることができます。

 

制限なしのペット保険のデメリット

一方デメリットは、年間支払限度額が低かったり、犬や猫のかかりやすい傷病が補償対象外になっていたりと、十分な補償が受けられない可能性がある点です。

また、ペット保険によっては、保険期間中に年間支払限度額に達すると、契約が失効することもあります。場合によっては、翌年度に契約更新ができないケースもあるため注意しましょう。

各ペット保険のデメリットについては後の章で解説するため、そちらも参考にしてみてください。

 

制限ありのペット保険のメリット

制限ありのペット保険の主なメリットは、細かい利用制限がある分、補償内容が充実していることです。

保険によっては、人間の健康保険と同様に、窓口精算が利用できる場合もあります。

また、年間支払限度額が高めに設定されているペット保険なら、万が一大きなケガや病気で高額な治療費が必要になったときも安心です。

 

制限ありのペット保険のデメリット

一方デメリットとしては、利用回数を自分で管理しながら保険を活用する必要があることです。

1日・1回あたりの上限金額や回数制限がある場合、上限を超えた分は自己負担になるため、必ずしも治療費全額が補償対象となるわけではありません。

また、長期の通院や入院が長引いた場合には、一定額しか補償を受けられない可能性もあるため注意しましょう。

 

ファイナンシャルプランナーのアドバイス

細かい利用制限がないペット保険と、あるペット保険のどちらがおすすめなのかは、飼い主さまの希望条件によって変わります。窓口精算のあるペット保険や、年間支払限度額が充実しているペット保険、免責金額や待機期間がないペット保険を求めている方は、細かい利用制限のあるペット保険を選んだ方が良いでしょう。制限などを気にせずに使える“自由度の高さ”を重視されている方には、上述した「上限金額・回数制限なしで使えるペット保険5社」がおすすめです。

【ペット保険5社比較】回数無制限・上限金額なしで使える!

ここからは、回数制限や上限なしで使えるペット保険※を紹介します。

補償される回数やケースを気にせず治療に専念できるペット保険を探しているという方は、ぜひ参考にしてください。
※年間支払限度額の範囲内で保険金が支払われます。

 

ペット&ファミリー損保

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は、プラン70とプラン50の2つから選べるフルカバー型のペット保険です。

膝蓋骨脱臼(パテラ)や歯周病など補償範囲が広く、時間外診療費や診断書の作成料も補償の対象となるなど、使い勝手の良さが大きな特徴となっています。

 

◆ペット&ファミリー損保のメリット

主なメリットは、以下のとおりです。

  • 保険料がリーズナブル
  • 値上がりがゆるやか
  • 10歳以上は保険料が変動しない

リーズナブルな保険料でありながら、10歳以上は保険料が変動しないため、ペットが高齢になっても継続しやすい点が特長です。

そのほか、施設やレンタカーなどを優待価格で利用できたり、ペットの悩みを相談できたりする付帯サービスもあります。

 

◆ペット&ファミリー損保のデメリット

一方で気になるのは、以下の点です。

  • 免責金額が1日3,000円

1日の治療費が3,000円に満たない場合は、自己負担となります。また、新規加入できる年齢は満7歳までであるため、加入を検討している方は注意しましょう。

関連記事:ペット&ファミリー損害保険株式会社の口コミや特長、補償プランをまとめて紹介

 

イーペット少短

イーペットロゴ

イーペット少短の「e-ペット70・50」は、補償割合50%と70%から選べるフルカバー型のペット保険です。どちらも年間60万円を上限として、通院や入院などを問わず、何度でも補償を受けられます。

 

◆イーペット少短のメリット

主なメリットは、以下のとおりです。

  • 初回のケガは100%補償(e-ペット70のみ)
  • 割引制度が豊富

通常e-ペット70は補償割合70%ですが、初回のケガに限って完治までの治療費の100%を補償してくれます。なお、この補償は新規だけでなく、契約を更新するたびにリセットされます。

また、インターネット割引や多頭割引など、割引制度が豊富なのも魅力です。

 

◆イーペット少短のデメリット

一方で気になるのは、以下の点です。

  • 高齢になると保険料が高くなる

イーペット少短は加齢とともに保険料が上がるため、高齢期ほど負担が大きくなります。将来予想される出費やリスクなどをふまえたうえで、加入を検討しましょう。

関連記事:イーペット少額短期保険株式会社の特長やメリット・デメリットをまとめて解説!

 

SBIいきいき少短

SBIいきいき少短ロゴ

SBIいきいき少短のペット保険は、免責金額のない「スタンダードプラン」と免責金額のある「ライトプラン」があります。

補償割合は50%と70%から選べて、年間の支払限度額を超えない限り治療費が補償されます。

 

◆SBIいきいき少短のメリット

主なメリットは、以下のとおりです。

  • WEB申し込みで保険料が10%OFF
  • 11歳11か月まで新規加入OK

WEBで申し込むことで、初年度だけでなく、契約期間中ずっと保険料が10%OFFになります。加入中ずっとお得なのは、SBIいきいき少短ならではでしょう。また、11歳11か月まで新規加入できるため、高齢になっても通院から手術まで備えられます。

 

◆SBIいきいき少短のデメリット

気になる点としては、以下のことが挙げられます。

  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)や歯科治療などが補償対象外

パテラや歯科治療、椎間板ヘルニアなどの治療費は補償されません。加入前に、必ず補償の対象となる傷病について把握しておきましょう。

関連記事:【SBIいきいき少額短期保険株式会社】ペット保険の口コミ、特長、補償プラン、メリット・デメリットを紹介!

 

日本ペット少短

日本ペット少短いぬとねこの保険ネクスト

日本ペット少短の「いぬとねこの保険」のなかで、フルカバー型の「ネクストプラン」は1日あたりの限度額や年間の回数制限がなく、保険金は、通院、⼊院、⼿術それぞれの年間限度額の範囲で支払われます。

 

◆日本ペット少短「いぬとねこの保険ネクスト」のメリット

主なメリットは、以下のとおりです。

  • 3つの補償割合から選べる
  • 割引制度が豊富
  • アプリで保険金請求が可能

90%・70%・50%の3つの補償プランから選べて、なおかつ無事故割引や多頭割引、インターネット割引という、3つの割引制度が用意されている点も大きな特長です。

また、アプリで保険金の請求ができるため、面倒な手続きも必要ありません。

 

◆日本ペット少短「いぬとねこの保険ネクスト」のデメリット

一方で、気になるのは以下の点です。

  • 診療内容ごとに年間補償限度額がある
  • 年間補償限度額を超えると契約失効

1日あたりの支払限度額や回数制限はありませんが、各診療内容ごとに限度額が設定されています。通院と手術の限度額はそれぞれ年間補償限度額の20%まで、入院の限度額は60%までとなっているため注意しましょう。

関連記事:日本ペット少額短期保険「いぬとねこの保険」にデメリットはある?メリットやおすすめな方も調査!

 

チューリッヒ少短

チューリッヒ犬のがん保険

チューリッヒ少短の「犬のがん保険」は、がんや良性腫瘍、骨折や脱臼の治療でかかった費用を100%補償する特化型のペット保険です。

 

◆チューリッヒ少短のメリット

主なメリットは、以下のとおりです。

  • 補償が手厚い
  • リーズナブルな保険料
  • 年間支払限度額が100万円

リーズナブルな保険料にもかかわらず、対象の傷病の補償割合は100%と、高額治療に備えられるのがチューリッヒ少短の最大の特長です。

また、12歳以降の保険料は一定となっているため、高齢になっても値上がりを気にせず、ペットの「もしも」に備えられます。

 

◆チューリッヒ少短のデメリット

一方、気になる点としては以下のことが挙げられます。

  • 補償対象の傷病が少ない

チューリッヒ少短は特化型保険であるため、歯周病や椎間板ヘルニアなど、補償範囲以外の傷病は補償されません。

補償範囲がかなり限定的であるため、がんや骨折以外に日常的なケガや病気を補償してほしい方は注意が必要です。

関連記事:チューリッヒ少額短期保険株式会社

ペット保険選びで失敗しないための注意点!

ペット保険選びの注意点

ペット保険選びで失敗しないためには、なるべく保険会社を見比べてから決めることが大切です。

そのとき、以下のポイントに注意しながら保険を選ぶようにしましょう。

  • 高齢時の保険料が高くなりすぎないか
  • 愛犬愛猫がかかりやすい病気をカバーしているか
  • ケガや病気を理由に契約更新を断られないか

 

高齢時の保険料が高くなりすぎないか?

まずは、高齢時の保険料が高くなりすぎないか、契約前にチェックしておきましょう。

補償内容が自分のニーズにあっていても、保険料の支払いが厳しければ、継続して加入するのは難しいものです。

ペット保険のプランによっては、一定の年齢から保険料が変動しないものもあります。ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は10歳以降は保険料が一律となります。家計の状況を踏まえて、高齢になっても無理なく支払える保険料かどうか確認しておくことが大切です。

 

愛犬愛猫のかかりやすい病気が補償対象か?

愛犬愛猫のかかりやすい病気が補償対象か、という点も確認しておきましょう。

治療費の備えとして保険に加入していても、ペットが患った傷病が保険の補償対象外のものであれば、いざというときに役に立ちません。

たとえば、トイ・プードルなら膝蓋骨脱臼、スコティッシュフォールドなら外耳炎などになりやすい傾向があります。愛犬・愛猫のかかりやすい傷病をあらかじめ把握し、それらが保険の補償対象に含まれているか確認してから契約しましょう。

 

ケガや病気を理由に契約更新を断られないか?

ケガや病気を理由に契約更新を断られないかという点も、チェックしておくべきポイントの1つです。

ペット保険は、基本的には1年ごとに自動更新されますが、これまでの保険金の請求状況やペットの健康状態によっては、更新時に制限や条件がつく可能性があります。場合によっては、更新自体を断られてしまうこともあるでしょう。

更新の判断は保険会社によって異なるため、不安なら加入前に保険会社の重要事項説明書を確認する、電話で問い合わせるなどしておくことをおすすめします。

【ペット保険の知恵袋】飼い主さまの疑問にお答えします!

ペット保険の見直し

ペット保険は、ペットといつまでも幸せな生活を過ごすための備えの1つです。

ここでは、そんなペット保険に対する飼い主さまの疑問にお答えします。ぜひペット保険を検討する際の参考にしてみてください。

 

補償割合を選ぶのが難しい!おすすめは?

結論からいうと、保険料と補償内容のバランスの良い70%プランがおすすめです。

ペット保険の主な補償割合は50%と70%ですが、なかでも70%プランは補償が手厚いため、高額な治療費が必要なときも安心です。

一方で、最近では50%のプランも人気が高まりつつあります。

70%プランと比べて補償が少ないものの、月々の保険料が安いため、毎月の出費をなるべく抑えたい方には50%プランがおすすめです。

自分がどういった事態に備えて加入を検討しているかを明確にして、目的にあったペット保険を選びましょう。

 

ペット保険はいつ見直しをすればいい?乗り換えられる?

ペット保険は、基本的に1年ごとの契約です。

もしも保険料が負担になっている、補償内容があっていないなどと感じたら、更新時に一度見直すと良いでしょう。

乗り換えるときは、以下のポイントを確認することをおすすめします。

  • 補償の程度や範囲
  • 年齢などの加入条件
  • 二重加入や補償の空白期間の有無

なお、乗り換え先の保険では、治療中の傷病は補償されないため注意してください。

場合によっては乗り換えることで損になることもあるため、補償の幅を広げる特化型プランに追加で加入する選択肢なども視野に入れましょう。

 

ペット保険は掛け持ちすることもできる?

ペット保険は、掛け持ちすることも可能です。

掛け持ちのメリットとしては以下があります。

  • 治療費の自己負担額を抑えられる
  • 足りない補償を補える

たとえば「チューリッヒ少短」のペット保険とフルカバー型を組み合わせると、通院や入院に加えて、高額な手術費に対しても手厚い補償を受けられます。ほかにも「二種類のフルカバー型」「フルカバー型+通院特化型」など、併用方法はさまざまです。

なお、掛け持ちをした場合、保険料や手続きの負担が増えるほか、治療費を超える保険金は支払われない点に注意してください。

おまけ:ペット保険のキャンペーンも要チェック!

ペット保険のキャンペーン

ペット保険の加入を検討している方は、保険会社が行うキャンペーンについてチェックしておきましょう。

たとえば抽選で家電がもらえたり、新規加入者全員にペットグッズなどのプレゼントがもらえたりとその内容はさまざまです。なかには、資料請求しただけでキャンペーンの抽選に参加できるものもあります。

ペット保険比較のピクシーでは、「当サイトキャンペーン情報」の項目で、現在開催中のキャンペーンを紹介しています。お得なキャンペーン特典を取りこぼさないよう、ぜひチェックしてみてください。

まとめ│回数無制限で使えるペット保険は5社!

現在ペット保険比較のピクシーで取り扱っている、回数制限や上限なしで使えるペット保険※1は以下のとおりです。

利用制限の有無によって、保険料や受け取れる保険金の額は異なります。

家計の負担とのバランスも考えながら、ペットや自身のニーズにあったペット保険を見つけてください。
※1  年間支払限度額の範囲内で保険金が支払われます。
※2 ネクストの補償プランのみ、1日あたりの限度額や年間の回数制限がなく、保険金は、通院、⼊院、⼿術それぞれの年間限度額の範囲で支払われます。

 

【ペット保険比較のピクシー】では、ペットと飼い主さまのためになるお役立ち情報を日々発信しております。
また保険選びで迷われている方は、保険料補償割合などの条件を一括比較できる「人気ペット保険おすすめランキング」もご覧ください。

木内比奈子
この記事の監修者 木内 比奈子
ファイナンシャルプランナー。少額短期保険募集人、損害保険募集人。大学卒業後、保険代理店勤務を経て、ペット保険の重要さを感じ資格を取得。北海道犬と14年間、ヨークシャー・テリアと5年間暮らした経験を活かして、おもにペットやペット保険に関する記事を執筆、監修。ペットとの楽しい暮らしをサポートするため、正しく役に立つ情報を発信していきます。

この情報をシェアする

【ペット保険比較】10秒でカンタン比較

関連記事