犬のかさぶた
目次

犬のかさぶたの原因、疑われる病気とは何か?

≪かさぶたとは?≫

医学的に、かさぶたは「痂皮(かひ)」と呼ばれます。皮膚の炎症やケガなどにより皮膚が損傷を受けると、血液中の血小板や赤血球などの細胞や浸出物が傷口を塞ぎます。その後、乾燥することで固くなり、かさぶたができます。かさぶたは、傷を保護し、その下では皮膚の再生が行われています。

基本的には、かさぶたができている場合は、たいていが問題なく、そのまま様子を見ていれば、皮膚の再生とともにかさぶたも剝がれ落ちます。

しかし、細菌がかさぶたを通過し、かさぶたの下で繁殖すると、化膿のおそれがあります。この場合は治療が必要です。

かさぶたは、アレルギーやアトピーなどによる皮膚病、ケガ、ストレスなどによってもできる場合があります。

―犬のかさぶたの原因、考えられる病気について教えてください。

≪外傷≫

外傷により傷ができると、かさぶたが作られます。外傷には切り傷や刺し傷、痤瘡(ざそう:にきび)、擦過傷(さっかしょう:擦り傷)、けんかによる咬傷(こうしょう:かみ傷)などがあります。中でもほかの犬や猫にかまれてできる咬傷は、口内細菌の感染を受けて化膿する場合が多く、注意しなければなりません。また、かさぶたの下で化膿すると、自然に排膿されないため、治療が必要です。

≪アレルギー≫

食物アレルギーやノミアレルギー性皮膚炎、アトピー 性皮膚炎など、アレルギーが関連している皮膚炎によっても犬にかさぶたができる場合があります。犬にアレルギー性皮膚炎が生じると、皮膚に強いかゆみが起こます。そのため、犬が炎症の起きている部分をかきむしったり、なめすぎたりして傷になり、かさぶたができてしまうのです。

≪皮膚炎≫

皮膚炎によっても犬にかさぶたができる場合があります。これはアレルギーと同様に、犬が皮膚炎を起こしている部分をかゆがって引っかいたり、なめたりするためです。よく見られる皮膚炎としては、膿皮症や脂漏症(しろうしょう)、皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)などが挙げられます。

≪腫瘍≫

腫瘍によっても犬にかさぶたができる場合があります。腫瘍が大きくなると炎症によって表面が自壊し、出血や滲出液(しんしゅつえき)により、かさぶたができます。かさぶたやしこりが、日に日に大きくなるなら、腫瘍の可能性があります。

犬のかさぶたで気になる症状と動物病院に連れて行くタイミング

犬のかさぶた 家庭でも出来る対処

―動物病院を受診すべきタイミングについて教えてください。

犬に以下のような症状が見られたら、早めに動物病院に行きましょう。

  • かさぶたの下の皮膚が化膿している
  • フケが多い
  • 脱毛がある
  • かさぶたがどんどん大きくなっている
  • 犬がかさぶたを気にして、なめたり引っかいたりしている

また、次の症状が見られる場合は、腫瘍が自壊して、かさぶたになっている場合があります。

  • かさぶたの下にしこりがある

―心配のいらないかさぶたとは、どのようなものですか?

犬にかさぶたが見られても、以下のような場合は、様子を見てもいいでしょう。

  • かさぶたが小さい
  • 犬が痛がっていたり、かゆがっていたりする様子がない
  • 徐々に小さくなってきている

犬のかさぶたの家庭内での対処

―犬のかさぶたを見つけたら、自宅でどのように対処すればいいのでしょうか?

≪犬がかさぶたを気にするようなら患部の保護を≫

犬のかさぶたが小さく、犬が痛がっていたり、かゆがったりしているなどの様子がない場合は、特に気にしなくても症状が良くなる場合がほとんどです。

しかし、犬が患部を気にして、なめ壊したり、かじって傷を広げたりする場合があるため、注意してください。そのような場合は、エリザベスカラーや犬用の服、靴下、包帯などを使用して、傷口を保護しましょう。これらが自宅にない場合や、使用していてもあまり効果がなさそうな場合は、動物病院で処置を受けてください。

≪かさぶたを無理に剥がしたり、人間用の薬を塗ったりしないこと≫

犬の体にかさぶたを見つけても、無理に剝がしたり、人間用の薬を塗ったりするのはやめましょう。かさぶたを無理に剝がすと、傷口が露出させ、出血や細菌による汚染の原因になります。人間用の薬は犬への使用を想定していないため、犬がなめると体に良くなかったり、アレルギー症状を起こしたりするおそれがあります。

≪≫

自宅で数日間、犬の様子を見ても良くならない場合やかさぶたが大きい場合、痛みや脱毛、フケなどを伴う場合は、動物病院を受診してください。動物病院を受診する際には、かさぶたがいつからできているか、かさぶたの原因に心当たりはあるか、かさぶたの大きさに変化はあるかなどを事前にメモしておくといいでしょう。獣医師による問診がスムーズに進むことがあります。また、できればかさぶたの様子の経過を写真に残しておき、獣医師に見せると診断の役に立つ場合があります。

犬のかさぶたの診療内容とかかる治療費

犬のかさぶたの治療

≪犬のかさぶたの診療内容≫

<外傷>

外傷が大きい場合は、傷を塞ぐために縫合します。化膿している場合は、膿を出すために針を刺して排膿します。また、必要に応じて、外用薬を塗布し、包帯で傷口を保護します。感染のリスクがあれば、数日間、犬に抗生剤を服用させる場合もあります。

<アレルギー>

犬にかゆみ止めの薬を投与して、かゆみを止めれば、犬が気にしなくなり、傷が治る可能性があります。また、アレルギーの原因が不明であれば、アレルギー検査を勧められる場合があります。これらのほか、皮膚の状態によっては、週に1〜2回の薬用シャンプーが必要になるでしょう。

<皮膚炎>

犬に顕微鏡検査を行い、皮膚炎の原因を特定します。細菌や真菌などが原因であれば、抗生物質や抗真菌薬を処方される場合があります。

<腫瘍>

腫瘍を根本的に治療するには、外科手術や抗癌剤治療、放射線治療などが必要です。一方、緩和的治療であれば、自壊して皮膚に炎症が起きている部分に外用薬を使います。

≪犬のかさぶたの治療費例≫

ここでは、表在性膿皮症を例に、犬のかさぶたの治療費を紹介します。

  • 治療期間:3週間
  • 通院日(回)数:3日(回)
  • 入院日数:なし
  • 手術回数:なし
  • 治療費 :1万円

※上記の診察内容や期間、治療費は、小型犬を基にした一例であり、全国の平均や水準を示すものではありません。また、体格や病状、動物病院によって異なりますのでご了承ください。

この情報をシェアする

【ペット保険比較】10秒でカンタン比較