「ミニチュア・シュナウザー」ってどんな犬?


ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザーは、飼い主に従順で明るく、賢い性格の持ち主で、皮膚炎や尿路結石症、白内障などになりやすいと言われています。尿路結石症の場合、手術費用は20万円から30万円ほどかかり、再発することも多いため、毎月の尿検査や、場合によっては再手術が必要になることもあります。そのため、契約更新後も補償の条件が変わらないペット保険がおすすめです。体質が原因で起こる病気が多く、どの年齢においても動物病院を受診する可能性があるため、0歳の段階で、終身継続できるペット保険に加入すると万が一のときに安心です。